進路支援

就学支援

国際交流センターでは、各教員が日本語や日本語関連科目に関する相談や助言、指導を行っています。

指導教員・クラス担任等 

指導教員もしくはクラス担任等が、学生の研究や修学上の問題について、相談、指導、助言を行っています。専攻の履修に関することや専門科目に関する相談は、指導教員あるいはクラス担任にするとよいでしょう。
指導教員やクラス担任の氏名や連絡先は、大学のホームページの学務関係の案内に載っています。

国際交流センター教員

学習や生活の中で、次のような問題がある時は、国際交流センター教員に相談してください。

チューター制度

チューター制度は、本学入学当初の外国人留学生に対して、不便なく学習や日常生活が送れるよう、原則、日本人学生によるチューターが日本語、専門分野及び生活等について個別の課外指導・援助を行います。
チューターは、指導教員の推薦に基づき、大学が選定します。
チューターによる指導を受けられる期間は、原則として渡日後1年間です。

チューターとなった学生に対する指導・相談は、留学生相談室で行っています。
チューター活動の内容や担当留学生のことついて相談があるチューターは、留学生相談室(055-220-8753 / takaeiyamanashi.ac.jp) に相談してください。