生活支援・相談

外国人留学生のための奨学金制度

国費留学生について

  • 海外から新たに「留学」の在留資格を取得して渡航する必要があります。
  • 大学院レベルの学生には月額143,000円~145,000円が、大学学部レベルの学生は月額117,000円が文部科学省から支給されます。
  • 入学料、検定料、授業料は文部科学省が負担、渡航費についても文部科学省または所属大学等が負担します。
  • 山梨大学に入学できるのは大使館推薦と大学推薦、そして教員研修留学生というプログラムです。
  • 大使館推薦は、海外にある日本国大使館・総領事館が入学を希望する前年の3月から4月頃に募集しますので、詳細は在外公館に確認する必要があります。
  • 大学推薦は12月頃発表される募集要項に従い、山梨大学から文部科学省に学生を推薦します。指導教員と緊密に連絡を取って準備する必要があります。

[私費留学生対象] 留学生受け入れ促進プログラム(文部科学省外国人留学生学習奨励費)

  • 大学に在籍している者のうち,経済的援助を必要とする成績優秀者に対して給付されます。
  • 学部学生および大学院生・月額48,000円の奨学金が大学を通じて日本学生支援機構から支給されます。(平成28年度)
  • 受給者数は本学の留学生在籍数(5/1現在)に応じて日本学生支援機構から配分・決定されます。
  • 募集については,毎年4月中旬頃に各学部の教務グループ又は留学生担当からCNS等で通知されますので,各学部担当者の指示に従って応募してください。

[私費留学生対象] 山梨大学大学院博士課程私費外国人留学生支援

  • 毎年、該当年度の入試の合格者数の割合で、各専攻ごとの支援人数が決まります。大学全体としては各年度5名までとします。
  • 支援額は月額45,000円で最長3年間(医学専攻では最長4年間)支給します。
  • 支援者の決定は各専攻で行います。

[私費留学生対象] 民間奨学金

  • 次の表は,本学に応募募集のお知らせがあった奨学金の一覧です。詳細については,CNSに掲示しますので,必ず募集要項を確認してから応募してください。
  • 学内締切日と財団締切日は,異なりますのでお間違えのないように注意してください。

奨学金給付団体一覧

番号 団体名 対象学生 応募資格(国籍等)

学内締切

(財団締切)

学部 大学院
1 (公財)ロータリー米山記念奨学会

学部生3・4年

修士1・2年

博士2・3年

9月中旬

(10月中旬)

2 (公財)平和中島財団 正規課程在籍者

9月中旬

(10月下旬)

3 (一財)共立国際交流奨学財団

アジア諸国

(香港・英国国籍を除く)

11月下旬

(1月末日)

4 (公財)佐藤陽国際奨学財団 国籍指定

1月中旬

1月下旬

5 (公財)佐川留学生奨学会

東南アジア

2月中旬

(4月中旬)

6 ドコモ留学生奨学金  

修士課程4月入学者

(通信・情報処理専攻)

4月中旬

(5月中旬)

(公財)橋谷奨学会  ○ インドネシア

4月上旬

(4月末日)

8 (公財)朝鮮奨学会  ○ 韓国,朝鮮

4月上旬

(4月末日)

9 (公財)日揮・実吉奨学会 工学系のみ

4月上旬

10 KDDI財団

修士及び博士

(情報通信分野)

7月上旬

(8月中旬) 

11 (公財)交流協会   台湾

応募者が直接提出

(10月下旬)

12 (公財)岩谷直治記念財団

東・東南アジア

 工・医系(分子病態学、公衆衛生学のみ)

応募者が直接提出

12月末日

13 (公財)似鳥国際奨学財団

3・4年次正規生

修士1・2年次正規生

応募者が直接提出

14 (公財)マブチ国際育英財団

 アジア諸国

応募者が直接提出

(1)上表の重複とは,他の奨学金受給との制限を表し、×は重複受給ができない。
(2)学内締切及び財団締切は,平成25年度に基づき掲載した。