生活支援・相談

チューター・交流ボランティア制度

留学生が不便なく学習や日常生活が送れるよう、日本語や専門分野及び生活等について個別の課外指導・援助を行うチューターという制度のほか、クラスメイトとの協働学習や交流を行うボランティア制度があります。

〈チューター制度〉
○原則として、大学入学後一年目の大学院生及び研究生が対象です。
○チューターとなる学生は、留学生と同じ学科の学生です。

〈交流ボランティア制度〉
○学部一年次の学生が対象です。
○ボランティアの学生は、留学生と同じ学年・学科の学生です。

チューターまたは交流ボランティアとなった学生に対する指導・相談は、留学生相談室で行っています。